組立時の「ピュアリング」について

シャフト装着(ピュアリング)について !

 

当店でのクラブ組立ての際に、ご希望の方には「ピュアリング」を行ってシャフトの挿入をしております。

ピュアリングご希望の方はその旨お申し付け下さい。

 

※ピュアリングとは
シャフトをヘッドに装着するにあたり、シャフトが安定した振幅を得られるように、最適なシャフトの向きを探し出す事です。

 

シャフトの構造として、平面の素材(金属やカーボンシート)を筒状に加工するので、シャフトの周囲360度のどこかに継ぎ目があり、強度が一定でありません。

 

ピュアリングしない状態では、不規則で安定したに振幅になりますが(たまにいい振幅の場所に当たる場合もある)、シャフト周囲を計測探索していくと、1箇所か2箇所に一定の安定した振幅する見つかります。(下記動画でよく分かります。)

 

現在(20年程ほど前からこういうアライメント取りは行われてきた。)では、PGAツアーの殆どの選手が「ピュアリング」による、シャフトを装着されています。
(ピュアリングを実践している選手のサインボードがあります。)

 

ピュアリングに関しましては、一般のゴルファーでは感じ取れない部分もあり賛否両論がありますが、近年プロゴルファーの大多数が「PURING」装着されている状況から、やって損はないと思います。

 

横田真一選手のピュアリング体験の動画

 

SST PURE社の動画